img_02

IT化されてきた勤怠管理

勤怠管理といえば会社の入り口に置いてあるタイムレコーダーでタイムカードを押して、労働時間や出欠の確認をするのがいままでのものでしたが、いまではこの勤怠管理にもIT化の波が押し寄せています。タイムレコーダーによる管理は、今では時代遅れになってきました。



というのもタイムレコーダーでその打ち出されたタイムカードの時間を目視しrてアナログ的に集計して、最終的に素の主計した労働時間を給与の計算の基礎にするため、手作業が多く煩雑でこれがために総務が残業をしなければならないというものでした。

こうしたある意味では必要ない残業を減らすのが、IT化された勤怠管理システムです。

流行りのものとしては、ほとんどのビジネスマンが持っているスマートフォンを使ったものがあり、内容は実に簡単でスマートフォンの位置情報を利用して社員の入社時刻や退社時刻、時間外労働の時間の把握を行い、中には年次有給休暇の申請や時間労働の申請をスマートフォンから行い、そのデータをクラウドで集めて総務の管理している勤怠管理のパソコンから確認して社員の管理をなしえるものです。

YOMIURI ONLINEの情報ならこちらで掲載されています。

この方法をいいところは、スマートフォンという既存のインフラを使用し、またクラウドも専用の会社のシステムをレンタルして管理を行うので、初期設備費用が掛からずすぐに導入できるところにあり、いままでの総務の無駄な時間を費やして、残業手当というコストを発生させる事態を変えるのには十分なものであると言えます。

勤怠管理情報を集めたサイトです。